前へ
次へ

賃貸マンションの騒音トラブル

賃貸マンションでは、どうしても騒音問題がネックで、管理組合に対応してもらうのがいいでしょう。自力で解決するケースなら、いきなり怒鳴り込むのは考えものです。賃貸マンションの構造によっては、必ずしも騒音源が上の階ではなかったり、相手次第で逆効果になる場合もあります。あくまでも相手の譲歩を引き出すように話しましょう。ちなみに、当事者同士で解決できず、裁判まではしたくない場合は、「裁判外紛争解決手続」を利用しましょう。これは公正な第三者が関与して問題解決を図る手段です。不動産会社、弁護士、司法書士などが上げられます。また、騒音源が飼育可能となるペットという場合もあるでしょう。一般的な賃貸マンションで飼えるのは小型犬まで、という規約が多い傾向ですが、その小型犬の大きさは概ね10キロ未満であり、20キロ以上の大型犬は規約によっては飼育ができない場合もあります。諸々も含め、カーペットやカーテン、壁紙などを用いた騒音対策を入居者自身も行うべきです。

Page Top